外壁塗装に季節はない

外壁塗装はいつの季節がいいのか悩んでいる人もいるようですが、基本外壁塗装は年中施工が可能です。
ただし、注意しなければならないポイントもあります。 気温が5℃を下回ってしまっている場合、湿度が85%以上の場合、基本として外壁塗装を避けることが賢明です。
このような条件のもと外壁塗装を行うことによって、塗装の剥がれが起こりやすくなり、塗装のもちも著しく低下すると言われています。
季節的には、外壁塗装は気温が暑いことによって、高温のため塗料がのびると思われがちですが、昔はそのようなことがあったのかもしれませんが、現在の塗料はかなり高性能と言うことなので、季節をそれ程考慮する必要はありません。

しかしそれでも敢えて言えば、かなり厳しい真冬、雨の降りやすいシーズンなど配慮が必要です。
業者がそのようなアドバイスをしてくれるかもしれませんが、職人さんも日給月給の為、悪天候を乗り切って作業に及ぶと言うことはあるかもしれません。まず、その行為がイコール悪徳業者と言うことにもなりませんので、気になる方は一度その業者に相談してみてはいかがでしょうか。
判断が難しいと言えば難しいのです。

昔なら外壁塗装に季節は関係あると口を揃えて言ったでしょうが、今でも、季節に拘りを持つ業者がいない訳ではありません。
季節を乗り越える程外壁塗装の技術が進化したとも言えます。
まずは一番信頼の出来る業者を選択してください。
ここでは更に今していただきたい外壁塗装のコツを追求します。



Copyright © 2014 外壁塗装に適した季節 All Rights Reserved.